【実務】入国審査官の“心証”とは?

  • 2018.05.10 Thursday
  • 14:00

突然ですが、外国人の在留資格について、許否を判断するのは誰でしょうか?

 

以前のエントリーでご紹介したとおり、入管法上は「法務大臣」となっています。

しかし、実際は地方入国管理局に配属された「入国審査官」が実体審査を行っています。

 

そのため、申請する側としては、入国審査官に対してビザ取得の要件充足を主張立証していくことになるのですが、入国審査官が許否(許可するか否か)を判断する場面において、“心証(しんしょう)”という言葉が使われることがあります。

 

 

「このような対応は審査官の心証が悪くなる(心証を害する)」

「こうした方が審査官の心証にいい影響がある」

などという使い方をされることが実務の現場では多いです。

 

この“心証”という言葉、日常生活ではあまり聞き慣れないかもしれません。

 

一般的に「心にうける印象」という程度の意味でも使われることはあるのですが、

じつは、(本来は)法律用語として裁判官について使われている言葉なのです。

具体的には、裁判官が訴訟において事実認定をし、判決をくだすにあたって拠り所とする内心的判断のことを意味します(自由心証主義といった使い方がされています)。

 

それが、いつの間にか専門官庁における審査官(入国審査官や特許庁の審査官など)や審判官に対しても使われるようになったわけです。

 

裁判において勝訴か敗訴か、有罪か無罪か、といった判断がくだされるのと同じように、在留資格の審査に際しても、「許可(交付)」か「不許可(不交付)」か、基本的にはふたつにひとつ、白黒ハッキリつけなければなりません

そのため、入国審査官のような特に専門性が高い行政機関の審査官についても、裁判官に類するものとして“心証”という言葉が使われるようになったのかと想像されます。

※正確には、「許可(交付)」「不許可(不交付)」の他に「終止」(申請取り下げや申請人死亡等)という処分もあります。

 

上記の入国審査官の“心証”をイメージしやすいように、“心証メーターぴのこ:)”なるものを図式化してみました。

 

※上記はあくまでイメージです。絵が下手なのはお許しください。

 

もちろんこのようなメーターが実際に存在しているわけではないのですが、審査官の内心的構造を視覚化することで、審査や申請に対する心構えが少し変わってくるかもしれません。

それでは、上記図から、どんなことが見えてくるのでしょうか。

 


 

上記のとおり、基本的に在留審査における処分は、基本的には「許可(交付)」か「不許可(不交付)」のふたつにひとつです。

 

したがって、極論としては、たとえどんなにスレスレでも、最終的に許可の方向に1ミリでもメーターが振られれば、「許可(交付)」という処分がくだされるわけです。

実際に、難案件や複雑な案件、許否が微妙な案件(いわゆる慎重審査案件)ほど、ギリギリのところで許可の方向に振り切られたのだろうと推測される事案が少なくありません。

 

たしかに付与される在留期間の長短という面でのグラデーションこそありますが、最終的に「許可(交付)」を得ることが目的なのであれば、何も許可の方向に大きく振り切って(上記図でいうところの「10点」や「9点」で)認定される必要はないのです。

「10点」で許可されようが、「1点」で許可されようが、『許可』という行政処分に変わりはないからです。

 

むしろ難しい事案こそ、あえて「1点」や「0.5点」あたりのギリギリラインを狙っていった方が効果的なこともあります。

無理に高得点での許可を狙うあまり、不要な書類を過度に添付してしまうことで要点が不明確になり、審査遅延を招くこともあるからです。

 

およそ何点での許可を狙っていくか、このあたりの実際の“さじ加減”は実務上の経験則によるところも大きいため、ここで詳しく説明することは難しいのですが、上記のようなメーターをイメージいただければ、審査官の胸の内は何となく想像できるのではないでしょうか。

 


 

彼を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず』(孫子)ということわざが教示するとおり、自身の状況だけでなく、相手(審査官)の考え方や審査動向を先回りしてイメージしておくことは、良い結果を勝ち取るためにとても重要です。

 

次回は、上記“心証メーターぴのこ:)”を踏まえ、入国審査官の審査プロセスについて、より詳しくご説明する予定です。

 

------------------------------------------------

◆永住ビザの相談は、『永住ビザJAPAN』へ◆

------------------------------------------------

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM