【トピックス】登録支援機関の登録状況と『生活・就労ガイドブック』

  • 2019.06.10 Monday
  • 18:52

 

登録支援機関の登録数は、2019年6月7日現在で462件となっています。

法務省HPにて最新の登録状況を確認できます。

 

申請件数は1,000件を超えているようなので、今後も随時増加していくものと思われます。

 

一方で、東京入管の担当窓口によれば、「特定技能」の在留資格が許可されたのは、現時点でまだ若干数とのことですので、おそらく、多くてもまだ10件前後〜数十件程度にとどまるものと推測されます。

しかし、先般、飲食店分野を中心に技能試験の合格発表があり、既に数百名の合格者が出ているので、7月以降、新たな特定技能外国人が誕生すると考えられます。

 

なお、法務省は年に4回のペースで特定技能外国人の受入状況を公表するとしていますので、入管法で定められている定期届出のうち、改正後初回となる「第2四半期」(4月1日〜6月30日)のタイミングを考えると、7月下旬頃をメドに統計結果が公表される見通しです。

 


 

上記の特定技能外国人に限らず、今後、就労・生活を目的として日本に入国する外国人のさらなる増加が見込まれます。

そこで、出入国在留管理庁は、先般、外国人生活支援ポータルサイトを開設しました。

 

その中のコンテンツとして、『生活・就労ガイドブック』が公開されています。

これは、総合的対応策の中に盛り込まれた施策(施策番号9)のひとつで、日本での生活・就労のために必要な基礎的情報(在留手続・労働関係法令・ 社会保険・防犯・交通安全等)について省庁横断的にまとめられた冊子です。

 

総合的対応策によれば、上記ポータルサイトで発信するほか、「在外公館、在日外国公館、空港、地方公共団体、 企業、学校等で配布するなど、国内外で幅広く提供する」としています。

また、「対応言語については、 11 か国語を目途に多言語化を進める」とされていますが、現時点で、英語版はリリースされているようです。

 

外国人に理解してもらう前に、まずは受入機関(企業等)がこの内容をしっかりと把握することが重要に思われます。

 

------------------------------------------------

◆永住ビザの相談は、『永住ビザJAPAN』へ◆

-------------------------------------------------

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 【最新】永住申請の審査期間(東京入国管理局管轄)
    チャン (08/30)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM