★ユキマサくんとリアル・ユキマサ★

  • 2017.10.13 Friday
  • 20:18

JUGEMテーマ:にゃんこ

 

“ゆるきゃら®”という言葉がすっかり定着し、

全国各地の自治体や企業がゆるきゃらを生み出しています。

 

2011年からはじまった『ゆるキャラ®グランプリ』では、

くまモンいまばり バリィさんしまねっこといったスターが多く誕生しました。

 

ところで、

私たち行政書士が所属する日本行政書士会連合会にも、

ゆるきゃらがいることをご存じでしょうか?

 

 

彼の名は、

『ユキマサくん』

 

 

公式プロフィールによると、

彼は5歳の男の子(誕生日:2月22日(行政書士記念日))で、

猫界の行政書士になることを目指しているそうです。

 

なぜ我々は最も競争相手が多いと思われる”猫”を選んだのでしょうか?

それは、彼の誕生日(行政書士法の施行日でもあります)が、

”222=ニャンにゃんニャン”の日だったからです。

 

 

彼は日々の活動を自身のfacebooktwitterで一生懸命伝えてくれています。

 

昨年に引き続き、

今年のゆるキャラ®グランプリにもエントリーしており、

現時点(10月14日現在)で6位(企業・その他ランキング)と奮闘中です。

昨年は確か4位と健闘してくれたので、もうひと頑張りしたいところです。

 

投票は11月10日(金)まで!

まだまだ逆転できますので、みなさまもぜひ応援よろしくお願いします。

 

→投票は★コチラ★から

 

 


 

ちなみに、

『永住ビザJAPAN』を運営する鴻富行政書士法人のスタッフの実家では、

現在リアル・ユキマサくんが広報活動をお手伝いしています。

 

 

 

しかもも(笑)。

※子猫が暴れるため、部屋が荒れてすみません。

 

この子たちは、

いったいどうしたのでしょう??

 

 

 

じつは、

この子たちは産まれて間もなく誰かに捨てられてしまったのです。

 

連日猛暑日の只中にあった、

約2か月前の8月1日、

夜の道端で2匹並んで佇んでいたところを発見され、

すぐにスタッフの実家で保護されたのです。

 

 

水も餌もない草むらや、

灼熱の太陽が照らすアスファルトのうえで、

数日間、2匹で何とか生き延びてきたのでしょう。

 

あと1日発見が遅れたら、

命の保証はありませんでした。

 

 

でも、

ミルクとごはんを一生懸命食べて、

ふかふかの中で安心して眠り、

たくさん遊ぶうちに、

すっかり元気になりました。

 

 

以来、快適な仮住まいの中で、

すくすくと成長し、

 

 

今では雪見だいふくのようにふっくらになりました。

 

ご飯のときも、

遊ぶときに、

眠るときも

いつも一緒です。

 

 

でも、ここは仮の住まい。

彼女たち(じつは女の子)は近いうちに里親のもとにお嫁にいきます。

 

 

 

リアル・ユキマサくんたちは、

きっとこれからも、

猫界の行政書士として、

みなさんの暮らしや事業を応援してくれることでしょう。

 

 

 

------------------------------------------------

◆永住ビザの相談は、『永住ビザJAPAN』へ◆

-------------------------------------------------

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM